今回は「生食にチャレンジしてみたいけど、難しそうで・・・」というご相談が増えているのでうちではこんな感じで徐々に移行しましたというブログで時々取り上げてきたことをお勉強室にまとめておこうと思いました。今回は迎えたばかりのパピーちゃんのお食事を悩まれているママさんからのご相談も受けましたので最初はそれまでショップで食べさせられていたカリカリフードからの移行、いろいろなアレンジによる試行錯誤も一緒に載せておきますね。きっと「え~?こんな簡単な始め方だったの~?」って安心されると思います。そして生肉触れないへたれママでもできているので「これだったらできそう!!」と自信を持っていただけるのでは?
今回はちょうど日本がお盆の真っ最中のお勉強室となりますので、前回のヒーリングに引き続き、今回は虹の橋のたもとで待っている可愛い可愛い子たちとつながれたらいいなと思いました。そして、「ママは大丈夫だよ、安心していいよ」という気持ちで、愛するわが子と繋がれたら、きっといっぱいいっぱい幸せな気持ちになれると思います。
今回はみんなが元気に過ごせるお手伝いになるといいなと、エンジェルヒーリングを取り上げてみます。「自分の子を自分の力で癒す」「優しいパワーを送ってあげる」ことでうんとリラックスさせてあげてストレスも取ってあげて自然治癒力を高めてあげることができたらいいな・・・そんな思いでここでご紹介させていただくことにしました。みんなで優しい癒しのパワーを手に入れて、愛する我が子をヒーリングしてあげましょうね。 
これから梅雨の時期や台風の時期に入りますが、季節の変わり目や梅雨時などは気圧の関係からかてんかんの既往を持つ子には発作が起こりやすい要注意の時期のようです。(低気圧が強く影響するという見方もあります)梅雨が過ぎると夏!夕立ち、雷のシーズン、その後は台風シーズンに突入しますのでてんかんの既往のある子のママさんたちにとってはご心配で不安な季節となりますね。そんなことから先月のお勉強室は「てんかん」を取り上げてみました。
今月のお勉強室は「腎臓病・腎不全」の食事療法などナチュラルセラピーを中心にまとめてみました。腎臓病と腎不全の対処に対しては主に食事療法と薬物療法の2種類がありますが、食事療法では、タンパク質・リン・ナトリウム・カリウム・脂肪酸がキーとなります。腎臓病のタンパク質制限のガイドラインやサンプルレセピ、アーユルベーダの所ではギーの作り方なども載せています。
今回のお勉強室では「腎臓病・腎不全」を取り上げます。このところメンバー様のシニア組さんから腎臓病のご相談を頂くことも多く、みんなそれだけどんどんシニアになってきているんだね・・・と実感します。腎不全はシニア組さんだけでなく、若い子にもある日突然起こります。歯周病菌なども原因の一つとなりますので、毎日のちょっとしたケアで原因のひとつでも防ぐことが出来れば良いですね。腎臓の働き、腎不全って具体的にどうなるの?兆候は?食事療法のポイントは?といった基本的なことから取り上げてゆきます。
今月はカルシウムのことなどをまとめてみることにしました。骨付き肉は生食のベースなので、やっぱりその栄養分析をご紹介させていただきますね。また植物ベースのカルシウムに関しても調べてみました。ただ、吸収率の違いや吸収を阻害する成分も考えに入れなくてはいけませんが、イメージ的に「こんなものにも含まれるのね~」と楽しくご参考にしていただければ嬉しいです。 
今年はクリスマスツリーとトナカイさんとキラキラ星のスイートポテト、レバーとお芋とお野菜のキラキラ星クッキー、ブルーベリーとラズベリーとキャロットとアマランサスとお芋のトライアングルクッキーです。「材料の使いまわしで簡単に短時間で作れるおやつたち」をご紹介させて頂きました。ベースはスイートポテトの生地(お芋さん)の使いまわし。全ての材料の量は適当、型抜き出来る硬さになれば何を入れても大丈夫。そんな簡単トリーツたちです。気軽に楽しみながら作ってみてくださいね。可愛い可愛い子たちと楽しく会話しながらニコニコ作っていただけたら嬉しいです。
今回は生食についての徹底した「検討」です。我が家のCoCoっちを迎えた時に、まず1番の課題は「なにを食べさせて育てるか」でした。生食も調理食もどちらでも良いと私は思っています。ただ、その時々で「納得できるもの」で育てたいという思いでいろいろな文献を読んで実践し、疑問に思ってまた調べて・・・の繰り返しの2カ月でしたが、少し比較検討ができてきたので、ここにまとめておこうと思いました。
今回のお勉強室では「糖尿病」を取り上げます。「糖尿病は遺伝性の病気」というイメージがとても強いので「大丈夫」と思いがちですがいろいろな要因でホルモンバランスが崩れたり、歯周病が原因となって発症したり、生活や運動不足による肥満やストレスなどなど、いろいろな要因があるのです。シニアになって発症する子が多い病気でもあるんですよ。なので「普通の生活の中で予防するための再確認の意味」で取り上げてみました。

蒸し暑い季節になると、わんこたちも私たちと同じように食欲が落ちてきたり、ウンチくんが元気でなくなったりと、胃腸の調子にまず影響してくる子が多いですね。ちょうど胃腸が弱ったり食欲がなくなったりする時期ですので、今月は「消化について」考えてみますね。消化吸収機能がしっかりできないと、腸には老廃物が溜まり、それが悪玉菌の餌になって醗酵し、有害物質となって再吸収されて血中に取り込まれることで(血液が汚れる状態)肝臓に運ばれ肝臓での解毒が追い付かない状態になると、それが血中に残ってしまい、この毒素が痒い痒いや涙やけやただれや脱毛や免疫低下などのいろいろな症状を起こします。

今月のお勉強室のテーマは「浄化工場・肝臓を守ろう!」です。肝臓は身体の浄化工場、とっても大切な臓器です。今月はそんな肝臓について、見逃してはいけないサインやどんなことがダメージにつながるの?食事で気をつけることは?などを考えてみたいと思います。みんな浄化工場の肝臓をしっかり守って、これからもニコニコ元気に過ごしましょうね。