しっかり保湿と皮膚再生能力に優れたオーガニックシアバター

ナチュラルプロセスで採取したピュアなオーガニックシアバター&抗酸化ビタミン

大地の大いなる恵みで、プルプルピチピチお肌を保とう〜!

どういう効果があるの?

太陽の恵みシアバターの保湿力、皮膚再生作用、
老化肌の弾力性を高める効果で、シワを減らし、
乾燥肌、皮膚炎、日焼け、火傷、外傷、肌の炎症、
妊娠線の防止にも役立ちます。

3大抗酸化ビタミンA,C,Eの強力な抗酸化力
ビタミンAの肌の血行を促進し、肌のうるおいを保つ作用、
ビタミンCのメラニン色素の沈着を防ぐ作用と
コラーゲンの生成促進作用、
ビタミンEの皮膚の血行を促進し新陳代謝を活発にする作用
これらが一緒に働きバターの効果を後押しします。

100%品質にこだわった食品レベルですのでわんこやにゃんこが舐めても全く問題ありません。

オーソドックスでシンプルな容器ですが、見かけよりも機能重視。
容器の豪華さよりも中身の高品質に徹底的にこだわった商品です。
蓋は最も酸化を防ぐ機能のものを選んでいますので、ぎゅっと締めると固くて開けにくくなる場合があります。

PPCのシアバターは、全て機械を使わず手動で抽出され、化学薬品を使わない処理方法を取っています。
そのため、ヘキサンなどの混合物は一切含まない100%ピュアな最高級のシアバターです。
* PawPawClubのシアバターはオーガニック&フェアトレード商品です。

夏場は冷蔵庫で保管すると固さが保てます

PPCシアバターは、100%ピュアなシアバターですので体温ですっ〜と溶けてなじみます。ワックスやワセリンなどで固めていませんので、温度によって柔らかくなりますが、品質には全く問題ありません。また、ナチュラルなものですので、その時その時の収穫の状態によって、色や固さが変わってきます。固い感触を保つためには、夏場は冷蔵庫で保管してくださいね。(柔らかい方が使いやすいという方は室温保存でも大丈夫です)

チャチャからのコメント

100%ナチュラルなシアバターとビタミンだけで出来てるからパパもママも僕たちもみんなで使える優れものなんだ。
徹底的にナチュラルにこだわったPPCならではの商品だから、僕たちが舐めても全く安全な保障付きだよ。
シアバターって食べ物としてお料理にも使われるものなんだ。
純粋なシアバターとビタミンだから舐めても安全なわけだよね。

  • シアの木って、アフリカのよく肥えた土地で太陽の光と栄養をいっぱい摂って大きくなるんだよ。
  • その大地の恵みがシアバターなんだ。もともと食品扱いだったものが、お肌にこんなにいい成分を含んでいることがわかって使われ始めたものだから、僕たちが舐めても安心なわけだね。
  • ママは天下無敵の皺取りクリームだって言うけど、僕たちの視点で見れば、擦り傷や火傷、発疹などによる肌のトラブルや傷の回復を早め、皮膚を保護してくれるわけだから、最高のヒーリングクリームでもあるんだよ。

全内容成分

オーガニックシアバター・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE


コールドプレス100% ピュアシアバターは温度差に敏感です


  • PPCシアバターは、100%ピュアなオーガニックシアバター(コールドプレス搾取)の中でも最も純度が高く高濃度なものにこだわっています。そのため普通のクリームのように柔らかくなく、高密度で固いのですが、体温ですっと溶けてゆきます。シアバターは柔らかかったり固かったりと仕入れ時期によって品質が安定しにくいのですが、PPCでは特にエクストラファーム(最も固い結晶状態のもの)のみを扱っています。これは柔らかいものに比べ、高濃度にスポット的にお肌にしみこませる事を目的としています。(これは、私自身がいろいろな固さのシアバターを試した結果、最も固いものが一番保湿効果があり、これなら気になる所への重ね塗りも可能です)
  • 右の写真のようにシアバターの結晶が固まって白い斑点のようになりますが、これは100%ピュアな一番絞りシアバターの特徴で、品質には全く問題ありません。ケミカル処理を一切していませんので、こういった固まり方をします。(化学薬品などで安定させているものはこうした現象は起こりません)取り出したときはざらついた感じを受けますが、そのまま手のひらに取り、指で軽く混ぜるようにすると体温で自然に溶け始めます。あとはそっと優しくすり込んでくださいね。

お客様からのご質問・・・ビタバターで日焼けしませんか?日焼け止め効果はありますか?

シアバターはもともとアフリカの女性たちが強い紫外線から肌を守るために使っていたものです。
シアバターやホホバオイル、ココナツオイルやオリーブオイルには紫外線のB波(UVB)をを吸収して熱に変化させて
放出する働きがあります。これは日焼けから「肌のダメージをブロックする」という効果であり、
肌にダメージが少なく日焼けができるという意味で、積極的な日焼け止め効果ではありません。

ただ、市販の日焼け止めは過度に肌を乾燥させてしまうものが多いと、よくご相談をお受けします。
日焼け止めの中には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つの成分が入っていますが
これらの成分が皮脂や水分を吸着してしまうために、どうしても過度に乾燥してしまうようです。

焼けたくないけど保湿もしたいという場合は、下地にビタバターを薄く塗ってから市販の日焼け止めをご使用頂くと
過度の乾燥防止と肌へのダメージをブロックしてくれますのでダブル効果だと思います。


・・・ こんなラベルです ・・・


有効期限

シアバターはもともと酸化しにくい油脂ですが、
PawPawClubで扱っているオーガニックシアバターは抗酸化ビタミンを配合し、
空気と触れにくい完全密封キャップをていますので、さらに酸化しにくくなっています。
そのため(保存状態にもよりますが)未開封で2年持ちます。
ご使用後はキャップをしっかり閉めて、冷暗所に保管して下さい。
(発送センターでは1年を通じて冷蔵庫保存で管理し、品質保持に努めています)
開封後は(ご使用方法にもよりますが)1年くらいで使い切ってください


ご注文は以下のショッピングカートから個数をお選び頂き をクリックして下さい。

商品ナンバー

サイズ

プライス

ショッピングカート
PPC-PVB

1.8 oz 約51.0g

5400円
 ご注文数   個 

PPC-PVB-M

1.8 oz 約51.0g ・PPCメンバー様価格

5200円
 ご注文数   個 

PPCメンバー様セール価格

PPC-PVB-MS

1.8 oz 約51.0g ・メンバー様セール価格

5000円
 ご注文数   個 

* メンバー様価格をお選びの場合は必ずPPCメンバー様ナンバーを記載してくださいね。


 チュ〜ちゃんとママの質問箱

あたいはママのお顔を舐めるのが大好きだったね〜

  • そうなの。いつもベッドに入るとチュ〜ちゃんはママのお顔をぺろぺろ舐めていたでしょ?だからママは「チュ〜ちゃんが舐めても安心なもの」を選んできたの。ママの年齢になるとシミやシワも気になるけどケミカルなものを小さなチュ〜ちゃんに舐めて欲しくないものね。オーガニックでナチュラル成分だから、大好きなおでこコッツンも安心してできたよね。赤ちゃんにも優しいものは小さなチュ〜ちゃんにも優しいってことだよ。


成分内容

お肌にいったいどう働くの?
シアバター

  • シアバターとは、西アフリカのサバンナで、シア(またはカリテとも言います)の木になるアーモンドのような実から抽出される脂肪分のことです。ヨーロッパの研究によるとシアバターは、皮膚の乾燥や刺激に最も効果的と言われており、古くからフランスの皮膚科でも推奨されてきたものです。
  • ビタミンA、E、必須脂肪酸を自然な形で一価飽和脂肪酸、トコフェロール、抗酸化物質や、アボガドオイルなどにも含まれる良質のヒーリング効果のあるトリテルペン類に代表されるサポニン化しにくい物質が多く含まれます。これが何世紀にもわたって美容製品として使われている理由なんですね。
  • 太陽の紫外線から皮膚を守ってくれ、皮膚を治癒させるのを助ける働き、細胞の再生や毛細血管の循環を助ける働きがあるので、小さな傷が早く治り、ひび割れや皮膚の潰瘍をすばやく治す事ができます。
  • 抗硬化物質として知られるスティグマステロールも含まれます。このことから、アフリカでは伝統的に筋肉痛、リウマチ、火傷、外傷用の軟膏代わりにシアバターが活用されてきました。
  • シアバターは局所的に血行を促進し、細胞への酸素供給を増加させる事により、老廃物の代謝を促進します。
  • シアバター中の天然酸化防止剤であるBアミリンは酸化を防止します。ヒーリング効果のあるアラントインという物質も含まれ、ベータカロチン等の様々なカロチン物質も含まれます。
  • シアバターは老化肌の弾力性を高め、シワを減らすのに効果的とも言われます。乾燥肌、皮膚炎、日焼け、火傷、外傷、肌の炎症、妊娠線の防止にも役立ちます。皮膚を柔らかくするエモリエント効果がありながらべたべたした油っぽさがないためヨーロッパやアメリカで現在多くの化粧品(特にウィンクルクリーム、アイクリームなど)やシャンプーなどに使われています。

ビタミンA

  • ビタミンAは、カサカサな乾燥気味のお肌に欠かせない栄養素です。皮膚や粘膜の新陳代謝を盛んにし、細菌への抵抗力を強めます。ビタミンA不足のお肌は新陳代謝の低下による肌荒れや皮膚乾燥による真皮の角化が起こります。(食事などで身体の中に入ったビタミンAはコンドロイチン硫酸塩の生成に役立ちます)
  • 化粧品の分野でビタミンAはレチノールと呼ばれますが、レチノールとは純粋な形のビタミンAのことです。そして、このレチノールの働きを助けるのが、毛細血管の循環をよくするビタミンEなんです。
  • 純粋な形のビタミンA、すなわちレチノールは、肌の血行を促進し、コラーゲンとエラスチンに働きかけ、真皮のコラーゲンの再生を促進し、真皮の張りを保ち、角質に潤いを与え、皮膚再生を促し、弾力性に富んだ柔らかな肌へ導いてくれるんです。この効果は皮膚医学の分野でも確認されています。

ビタミンC

  • ビタミンCは体内で細胞の結合組織であるコラーゲン(コラーゲンとは身体を作っている繊維状のタンパク質で、細胞と細胞をつなぎ合わせる働きをするもので、お肌の潤い、柔軟性、ハリを保つ効果と関係が深いものですが、関節のコンドロイチンと同じく年齢と共にその性質が失われてゆきます)を合成する働きをし、皮膚、骨、歯などを作る役割を果たしています。これが若返りにビタミンCと言われるゆえんですね。
  • ビタミンCは皮膚の内側と外側の両方から働きかけ、紫外線によるダメージを防ぎ、シミ、ソバカス、くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。
  • 毛穴を引き締め、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるので、(特に小鼻の周りなどの)開ききった毛穴の黒ずみにも効果があり、キメを整えニキビ痕にも効果があります。
  • 抗炎症作用がありますので、トラブル肌やニキビにもビタミンCは有効です。
ビタミンE

  • ビタミンEは、サプリメントでもおなじみの抗酸化ビタミンの代表ですね。フリーラジカルからのダメージからお肌を守ってくれることにより、細胞の老化を防ぎ紫外線や乾燥から肌を守ってくれます。
  • 皮膚の血行を促進し新陳代謝を活発にする働きがありますので、肌をいきいきと保ってくれながら、メラニン色素の沈着を防ぐ働きをします。
  • 昔の人が米ぬかで洗顔してお肌がプルプルだったと言うのを聞いたことがありますよね。あの成分もビタミンEなんですよ。
  • 一緒に摂ると効果的といわれるのがビタミンCとE。一緒にあわせることによってお互いの作用を増強してくれます。強い抗酸化作用はバターの酸化も防いでくれます。





PPCの取り扱い商品は全てナチュラル素材のものを選んでおりますが、
私たちでも体調が悪いときなどはなんでもないものに反応してしまう場合がありますよね。
そういった事から、たとえナチュラルなものであってもその子の体調や状態によってお使いくださいね。

これはPPCの商品だけを対象にしているわけではなく、
全てのものに対してそういったことを常に心がけて下さいというPPCからのお願いです。