いつまでも子犬のように元気でね!の思いを込めた成犬用総合ビタミン&ミネラルサプリメント・フォーエバーパップ


Paw's Forever Pup! は、「いつまでも子犬のようにパワフルで元気にね!」
そんな思いがいっぱい詰まった総合ビタミン&ミネラルサプリメントです。

日々の健康保持に不可欠な30種以上の厳選されたハイクオリティな有効成分のコンビネーションです

ビタミン・ミネラル・アミノ酸・必須脂肪酸・必須リン脂質が、
基礎代謝を促進し、身体の調子を整え、健康なバランスを保持し、
消化酵素が消化組織への負担を軽減し、腸内環境を整えます。

パピーからアダルトわんこまで幅広くご使用いただけます。
(シニア組さんにはスーパーシニアがお勧めです)


1日の摂取量

わんこの体重によって以下の表をご参考になり、正しい量をあげてくださいね。
そのまま与えるか、砕いて毎日のフードに混ぜてあげて下さい。

最も効果的な与え方は、朝に1日量の半分を、夕方に1日量の半分をあげます。
食事が1日1回の場合でそのままは食べない子であれば1日1回でも大丈夫です。
真ん中に線が入っていますので、手で簡単に半分に割れますが、
小さな子や歯が抜けてしまっている子には更に細かく砕いてあげてくださいね。

わんこの体重

1日にあげる量

2.25 kgまで

1/4 Tab/day

2.25 kg から 4.5 kgまで

1/2 Tab/day

4.5 kg から 6.75 kgまで

1 Tab/day

6.75 kg から 9.0 kg まで

1.25 Tab/day

9.0 kg から 18.0 kg まで

1.5 Tab/day

18.0 kg から 31.5kg まで

2 Tab/day

31.5. kg から 40.5kg まで

2.5 Tab/day

40.5kg 以上

3 Tab/day

* 体重2.25キロまでの子は1/4錠を毎日、または1/2錠を隔日であげてください。
(半分には手で簡単に割れますが1/4に割るにはカッターなどをご使用下さい)

冷暗所にて、気温10℃-30℃・湿度50%以下で保存してください



ご注文は以下のショッピングカートから個数をお選び頂き をクリックして下さい。

商品ナンバー

サイズ・詳細

プライス

ショッピングカート

PFP-90

90 Tab

5400円
 ご注文数   個 

PFP-90-M

90 Tab PPCメンバー様価格

5200円
 ご注文数   個 

PFP-90-MS

90 Tab PPCメンバー様で6歳以上・
または6歳以下でも病気の子価格

5000円
 ご注文数   個 

PFP-90-MSR

90 Tab PPCメンバー様で
6歳以上で病気の子価格

4800円
 ご注文数   個 

* この商品はメンバー様、またメンバー様で病気の子にはディスカウントをさせて頂きます。
* メンバー様で病気の子価格でオーダーの際には必ずメンバー様ナンバーと症状をお知らせ下さいね。

* 90錠入りですので、4.5kgまでの子の場合は、1瓶で180日分(約半年分)となります。
2.25kgまでの子の場合は、1瓶で1年分となります。



 1錠中の有効成分含有量

Enteric Coatedと書いてあるものは、消化液などで分解されずに小腸で吸収されるためのコーティングをされたものです。
(各栄養素の働きから、それぞれが無駄にならないで最も有効に働く形で配合されています)

有効成分

チャチャ会長に聞く僕たちへの効用
ビタミンA
Vitamin A
900 IU

  • 味覚、嗅覚、聴覚、視覚に働きかけるとともに健康な歯と骨の形成に役立つんだ。
  • コレステロールを低下させ、心臓疾患の予防、免疫力のアップ、健康な皮膚とコートの形成にもお役立ちだよ。
  • 目に不可欠なビタミンであり、視力の低下を防ぐビタミンだよ。 神経細胞の活性化を促してくれるんだ。 (βカロチンは抗酸化栄養素で体内でビタミンAに転換されるよ。)
  • シニアに多いドライアイや暗闇でお眼目が見えにくくなったりという症状にも効果があるんだよ。
  • ビタミンAはビタミンCやビタミンEの応援団だって知ってた?みんな抗酸化ビタミンだけど、ビタミン自身が酸化して細胞の酸化を防いでいるんだよ。ビタミンCやビタミンEがフリーラジカルと戦って壊れそうになると、ビタミンAが応援に来て自分が身代わりになってビタミンCやビタミンEを守るんだよ。逆に身体の中でビタミンAが少なくなるとビタミンCやビタミンEが身代わりに酸化されてビタミンAを守ってくれるんだ。ビタミンAをたっぷり摂ってもビタミンCやビタミンEと一緒に摂れば過剰摂取にならない理由はこういったことなんだね。シニアになると細胞の酸化が進むから抗酸化ビタミントリオはしっかり摂らなきゃね。連携プレーで頑張ってもらわなくちゃだもんね。
ビタミンD3
Vitamin D3
75 IU

  • ビタミンDは、実はそのままでは働かないんだよ。僕たちの体内で、肝臓や腎臓で活性化されて活性型ビタミンD3となって初めて働くんだ。なので最初から働きやすくしたビタミンDのことをビタミンD3って呼ぶんだよ。
  • 僕たちの身体にとってカルシウムとリン酸の働きを助け活性化させてカルシウムの吸収を助ける働きをしてくれるから歯や骨の強化に関与するビタミンってことだね。
  • 歯や骨だけでなく正常な血液凝固や神経系の維持にも必要なビタミンなんだよ。
ビタミンE
Vitamin E
(d-alpha tocopheryl succinate)
7.5 IU

  • ビタミンAやCと一緒に細胞の活性を促し、酸化を防いでくれる大事な働きを持っているよ。
  • 抗酸化栄養素として、細胞膜、リポタンパク質、不飽和脂肪酸やビタミンAを酸化から守ってくれるよ。
  • 赤血球の働きを正常に保つ役割もあるんだ。その他、筋肉細胞や関節を保護する役目や循環を改善して心臓発作の原因となる血栓を防ぐ働きや、筋肉系の病気を防ぐ働き、免疫系を強くする働きもあるよ。
ビタミンC
Vitamin C
(Ascorbic Acid)
18.75 mg

  • コラーゲンの形成によって強い骨格と歯を作ったり、傷の自己回復を助けてくれるよ。 コラーゲンはシニアじゃなくても年齢とともに減少するからね。ママがそう嘆いているよ。
  • 抗酸化物質の働きによって細胞の酸化を防ぐ働きもあるんだ。
  • 臓器の酸化や老化を防いでくれて、消化を助けたり、病気や怪我などの治癒を促進させたり、ショックや感染を防いだり、鉄の吸収や赤血球の生産を促したり、忙しいビタミンだよ。
  • 僕たちはビタミンCをグルコースから合成できるから、食餌中に十分なグルコースが含まれる場合には食餌成分としてのビタミンCはあまり重要ではないんだけど、ストレス下では、ビタミンCの投与が有益な場合が報告されているよ。シニアになると代謝も落ちるしね。
ビタミンB1
Thiamin
(Vitamin B1)
7.5 mg

  • 炭水化物の物質交換に携わるビタミンで、フードをエネルギーに代えて食欲を正常に保つとともに、消化、循環、筋肉の働きを助けたり、神経細胞の正常な働きに関与するビタミンだよ。 筋肉系と神経系に欠かせないビタミンって事だね。
  • お眼目の神経のエネルギー代謝にも関与してるビタミンでもあるよ。
  • 心の働き、特に記憶に必要なビタミンでもあるよ。
ビタミンB2
Riboflavin
(Vitamin B2)
3.75 mg

  • ビタミンB2の事だよ。成長に欠かせないビタミンで筋肉増強作用があり、組織の快復を促し、健康な皮膚や毛ツヤを保つ効果があるんだ。
  • 細胞が空気を取り入れてエネルギーを生む課程に関与してて、筋肉の再生を促したり健康な皮膚を保ったり赤血球の形成を促したり赤血球細胞の活性化を図ったりするよ。
ビタミンB6
Pyridoxine Hydrochloride
(Vitamin B6)
3.75 mg

  • 造血に欠かせないビタミンだよ。
  • 健康な皮膚、歯と歯茎、血管の形成を促すとともに、炭水化物や脂肪、タンパク質の物質代謝を助けて健康な細胞の新陳代謝を活発にしてくれるよ。
  • アミノ酸を処理して、体の正常な働きに必要な5000以上のタンパク質を作ったり、脂質の代謝、神経伝達物質、血色素の合成、抗体、胃酸の生成にも必要なんだ。
  • ビタミンB6はビタミンB12とともに視神経の伝達に関与するビタミンで、白内障の進行を抑える働きもあるよ。
ビタミンB3
Niacin
(Vitamin B3)
7.5 mg

  • ビタミンB3の事で、成長、炭水化物代謝と胃腸管と神経系の機能に必要なビタミンだよ。消化を助けフードからエネルギーへの代謝に関与し、健康な皮膚を保つとともに神経細胞の活性化を促して体力増強に役立つビタミンだよ。
  • 化学物質の解毒や、胃酸・ホルモンの生産にも必要なビタミンなんだ。
  • 僕たちはナイアシンをアミノ酸であるトリプトファンから生産できるけど、シニアになると代謝が落ちる分、ちゃんと補給しなくちゃなんだ。
葉酸
Folic Acid
(ビタミンB9)
0.003mg

  • 動脈硬化や心臓発作のリスクを高めるホモシステインのレベルを下げる働きがあるよ。
    血中にホモシステインというアミノ酸が増えると動脈が硬くなり血管を詰まらせる原因のプラーク(コレステロールの酸化によって出来る物質)を増やすんだ。このホモシステインを分解してくれるのがビタミンB群(特にB6と葉酸)なんだよ。(60年代の初頭、アイルランドの医師は血中のホモシステイン(ビタミンB不足になると蓄積されるアミノ酸)濃度が高くなると、心臓病にかかる割合も高くなることを指摘しているんだって)
  • 核酸合成、脂質やアミノ酸代謝に働き、細胞の増殖と分化、赤血球の生成、胃酸や神経鞘の生成にも必要なビタミンだよ。
  • 気分、食欲、快眠を維持する化学物質の合成にも働くから、ハッピーで食欲があって、爆睡できる子は葉酸たっぷり足りてるね。
ビオチン
Biotin
(ビタミンH)
0.003mg

  • ビオチンはビタミンHとも呼ばれているよ。パントテン酸と一緒に働いて酵素を作り、脂肪酸やコレステロールの代謝でエネルギーを産出する働きをするよ。
  • ビオチンは、一般の食品にたくさん含まれているのと、腸内細菌によって合成されるから、普通は必要ないんだけど長期に抗生物質を使ったりすると場合は、胃や腸の中でビオチンの吸収が阻害されることが報告されているよ。
  • ビオチンが不足すると、抜け毛や食欲不振や肥満といった症状や脂漏性皮膚炎を起こすこともあるんだ。 疲労や筋肉痛を緩和する作用もあるよ。

ビタミンB12
Vitamin B12
0.003mg

  • 赤血球の形成や血液細胞の再生を促し酵素の働きを助けて核酸合成を促しエネルギー生産したり、健康な身体を保ってくれるビタミンだよ。
  • 赤血球を健康を保ち悪性貧血を予防したり神経を保護する鞘を作る働きもあるんだ。
パラアミノ安息香酸
P-aminobenzoic Acid
3.75 mg

  • PABAは、パラアミノ安息香酸って言って水溶性のビタミンB様物質だよ。僕たちの体内で葉酸が合成されるときに必要とされる構成成分なんだ。
  • たんぱく質代謝に関与したり、腸内の善玉菌の繁殖を促したりパントテン酸(ビタミンB5)の働きを助けたりするよ。
  • 紫外線から皮膚を守る働きやコートの脱色や皮膚細胞の老化を防ぐ働きもあるよ。皮膚とコートのビタミンって呼ばれるゆえんだね。
パントテン酸
Pantothenic Acid
(ビタミンB5)
7.5 mg

  • ビタミンB複合体の一種でビタミンB5の事だよ。副腎腺の働きを助けて、副腎機能に重要な働きをするんだ。
  • タンパク質、脂肪、炭水化物を代謝して血液の形成や抗体形成に役立つ物質に変換してくれるんだ。
  • エネルギー生産に働くとともに神経伝達物質のアセチルコリンやステロイドホルモン、ビタミンDの合成、抗体産生、赤血球生成にも必要なビタミンだよ。

コバルト
Cobalt
0.060mg

  • コバルトっていかにも鉱物(ミネラル)って名前だけど、ビタミンB12の構成成分でもあるんだ。だから働きはコバルト自体ではなくビタミンB12として働くんだよ。ビタミンB12となって悪性の貧血を予防したり、神経機能を正常に保ったりする働きがあるよ。
イオダイン
Iodine
(from Kelp)
(ヨウ素)
0.060mg

  • 交感神経を刺激して、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を活発にさせることで発育を促進してエネルギー産生を高める働きをする甲状腺ホルモンのチロキシンとトリヨードチロニンの成分なんだ。(身体の中のヨウ素の2/3は甲状腺にあると言われているよ)
  • コートや爪、皮膚を健康な状態に保ってくれる栄養素で海藻がコートにいいと言われる所以だね。
  • 甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にさせるので、発育促進とともに、余分な脂肪を燃焼させる働きもあるんだ。甲状腺ホルモンは精神の働きを活発にもしてくれるよ。シェープアップで活き活きシニアだね。
  • ヨウ素は、カロチンの形で体内に取り込まれたものを肝臓内でビタミンAにするために働くんだ。ビタミンAをしっかり働く形にするためになくてはならない栄養素でもあるんだね。
ポタシウム
Potassium
(カリウム)
0.375mg

  • カリウムは、僕たちの身体の中で主に筋肉内にあって、筋肉の収縮を円滑に行うために働くものなんだ。
  • 細胞内でナトリウムとコンビを組んで働くんだ。細胞の内側にはカリウムが多く、外側にはナトリウムが多いので、細胞は内部にカリウムを保持するように細胞内に水分を吸収し、細胞の浸透圧を正常に保つ働きがあるんだよ。このとき水分と一緒に、栄養分などの物質代謝も行って、エネルギーの産生に働くんだ。
  • カリウムは血圧を上昇させるナトリウムを体外に排出する働きをしてくれて、ナトリウムによる血圧上昇を抑えるんだ。
  • 心臓や腎臓にも含まれるミネラルなので、不足することによって、不整脈や心不全、膀胱障害などを引き起こすよ。心臓や腎臓の問題を引き起こした場合はむくみなどとして体液が身体に溜まるようになるんだよ。
亜鉛
Zinc
1.5 mg

  • 身体の中の細胞を構成するたんぱく質やDNAの合成にかかわる大事なミネラルで、僕たちの身体の中の300以上の酵素の主成分として細胞分裂の鍵となるミネラルなんだよ。新陳代謝を活発に行う上でなくてはならないミネラルなんだね。
  • 免疫機能に関与するミネラルで、アメリカではエチネシアが流行る以前にはジンク(亜鉛)を飲むと風邪をひかないと、サプリメントの代表みたいに飲まれていた時期があったよ。(もちろんうちのママも飲んでたよ)免疫機能を正常に保つ上でなくてはならないミネラルでもあるんだね。
  • インシュリンを構成する成分でもあるから糖尿病予防にも必要だね。
  • 鉛や水銀など有毒物質の毒性を弱める力があるよ。環境汚染の中で身体をしっかり守る働きをするんだね。
マグネシウム
Magnesium
37.5 mg

  • マグネシウムは亜鉛と同じく僕たちの体内で約300以上の酵素の働きを助ける重要な役割があるんだ。欠乏すると筋肉では痙攣、ひきつけ、しびれ、筋力低下、手足のもつれ、めまいなどが起きるんだ。心筋と非常に深い関係にあるミネラルでもあるんだ。
  • 心臓の動脈を正常な状態に保つために必要なんだ。 心臓の筋肉に酸素を供給するのを助け、心臓の鼓動をコントロールするのにも関わっている大切なミネラルだよ。
  • マグネシウムは体温や血圧のコントロールにも関与するミネラルだよ。カリウムと一緒に働いて高血圧の改善にも役立つよ。カリウムやマグネシウムを多く含むアルカリ性の水は「硬水」と呼ばれてて循環器系疾患によいと言われているゆえんだね。
  • わんこの身体にとってカルシウムを骨から出す働きをする副甲状腺ホルモンの合成になくてはならないミネラルで、腎臓などの軟組織にカルシウムが沈着するのを防ぐよ。
  • マグネシウムって身体の中では約70%は骨にあって、骨の正常な代謝を維持するとともに、わんこの命である歯のエナメル質のカルシウム沈着に対して働くんだ。 残りのうちの29%は筋肉にあって、刺激に対して神経の興奮を抑えて精神を安定させたり筋肉の収縮をつかさどっているよ。 残りの1%は血清中にあって血液の中の血小板を固まりにくくする働きがあるんだ。これが血栓を作らないメカニズムに関与してるって事なんだね。
  • ビタミンBと一緒に働いて、たんぱく質や糖、脂肪の代謝や核酸の合成もしてくれるよ。
Copper
0.0045mg

  • 体内で鉄利用を助け、ヘモグロビンの合成を促すことで、貧血を予防する働きがあるよ。
  • ビタミンCが体内で利用されるときに銅が必要となるらしいよ。コラーゲンやエラスティンの生成にも関与して血管壁や骨を強化する働きをするので、銅は若返りに必要だってママは言うよ。
  • 銅にはコートの色や皮膚の色を保つためのメラニン色素の合成にもかかわっているよ。
  • 僕たちの身体の中でカドニウムや鉛などの毒性を弱める働きをして、しっかりガードしてくれる役目もあるよ。

Iron
4.5 mg

  • 赤血球の血色素ヘモグロビンの構成成分であり、酸素の運搬をし、細胞内で酵素の働きを促す酸素を活性化し細胞内のエネルギー産生を促し、脳や身体の各細胞の働きを高め、成長を促すとともに、体温の維持、病気に対する抵抗力の促進に役立つんだ。
リン
Phosphorous
37.5 mg

  • リンの約80%はカルシウムと結合してリン酸カルシウムを作って、僕たちの骨の主成分となっているんだよ。(残りの約20%は、筋肉、脳、神経、肝臓などあらゆる組織中に存在してるよ)骨、歯などのエナメル組織を作るとともに、コートの発育にも作用したり、成長を助けたり細胞の修復の働きをするんだ。細胞膜を構成し、細胞の成長と分化に関与する大事なミネラルなんだね。
  • 身体の中でリン脂質となって脳細胞を作る働きもあるので、脳の働きや腎臓の働きに必須なミネラルでもあるんだ。
  • 血液中のリン酸塩は酸やアルカリを中和して、リン脂質や核酸の成分として働くATPなどを作って、身体の中でエネルギーを貯えまる働きをしてくれるよ。
  • ビタミンB3(ナイアシン)はリンがなくては吸収されないんだよ。そういった意味でも心臓の働きに重要な役割を果たしているんだね。
  • ビタミンB1・B2と結合して補酵素となって、糖質の代謝に関与するよ。
  • リンはビタミンDの助けを借りて腸からの吸収が調節されるんだ。
カルシウム
Calcium
75 mg

  • わんこの身体にとってミネラルの中でも一番多く必要とされる栄養素だよ。
  • リンやマグネシウムとともに働いて、その99%が骨と歯のを作るためにになくてはならないミネラルだよ。 残りの1%は血液中や筋肉、神経などにあって、細胞や神経系の情報伝達に重要な働きをするとともに、筋肉・神経を正常に維持してくれるよ。
  • 体内の鉄の代謝を助けたり、血中コレステロールを下げる多種の酵素の働きの補助作用があったりするよ。
セレニウム
Selenium
(セレン)
0.00525mg


  • 抗酸化作用としては、過酸化脂質などの分解酵素の必須成分で、細胞膜を過酸化物から守ってくれるよ。特にビタミンEと一緒に働いた時に相互の効果を高めるのでナイスコンビネーションだよ。抗酸化作用は血管の老化や目の粘膜の酸化を防ぐので白内障の進行阻止にもいいね。
  • セレニウム不足は、心筋症、心房性細動、筋ジストロフィー、脊柱側彎症、肝硬変などの病気の原因ともなるといわれているんだ。特に心臓病との関係は深く、心筋症などはセレニウムの補給で改善するという報告も多くあるんだ。
  • 抗酸化作用の一部とも言えるのだけど、細胞の悪性変換を抑え、がん細胞の増殖を抑制する作用も認められているよ。
  • 免疫機能に直接働く大食細胞やキラー細胞を活性化することで抗体の産生に役立ち、免疫システムを向上させる働きをするよ。カドニウムや水銀などの大気汚染物質に対してもそれらの毒素を軽減する働きをしながら毒物から身体を守ってくれるよ。
  • ビタミン様物質であるユビキノンの生成を助ける働きがあるんだ。(ユビキノンとは強い抗酸化作用を持ち、細胞膜を酸化から守る働きと共に酸素やエネルギーの供給に働き、心臓を保護する働きや免疫細胞、白血球の働きを高める働きをするよ。ん?どこかで聞いたことがある説明?そう、CoQ-10は補酵素10ともビタミンQともユビキノンとも呼ばれているよ。心臓サプリに載ってる成分だね。
コリン
Choline
7.5 mg

  • コリン(ビタミンB群の複合体)は細胞膜を形成する脂質のレシチンを構成する栄養素で、レシチンは神経の鞘を守る役割もあるから神経を正常に保つ上でなくてはならない栄養素だよ。記憶とも関係が深いからもの忘れしやすくなったら必要な栄養素でもあるね。
  • コリンの働きでもうひとつ重要なのは、脂肪分解酵素を含む胆汁の産生を促して、脂肪やコレステロールを分解して、肝臓などに脂肪が蓄積しないように守るんだ。このコリンの脂肪を分解して水と混ぜ合わせる作用は脂肪肝、動脈硬化、高血圧、腎臓病の予防に役立つよ。
  • 肝臓機能を補助することで、体内解毒作用を亢進してくれるよ。
  • コリンはイノシトールと一緒に摂取すると、パワー全開で働くんだ。もちろんイソシトールも一緒に含まれているよ。(下のイソシトール説明を見てね)

ベタイン
Betaine Hydrochloride
7.5 mg

  • ベタインはビーツなどに含まれる天然の糖を含むアミノ酸の一種なんだよ。ベタインには肝臓機能活性効果や血中の悪玉コレステロールを低下させる働きがあるんだ。高脂血症、脂肪肝、肝機能障害の治療に優れた効果を発揮することが報告されているよ。
メチオニン
Methionine
7.5mg

  • メチオニンって必須アミノ酸の一つだけど体内では生成できないものなんだ。抗酸化作用がとても優れていて肝臓や動脈への中性脂肪の付着を予防して、脂肪肝、動脈瘤、高血圧などを予防しながら、腎臓の循環機能を高めてくれる役割があるんだ。生理活動や代謝に有効なアミノ酸なんだね。
レシチン
Lecithin
7.5 mg

  • レシチンはリン脂質という脂肪の一種で、脂肪酸、コリン、グリセリンの複合体のことなんだ。僕たちの身体の中で細胞の基礎代謝に最も関係のある脂質だよ。
  • 身体の中で水と脂を混ぜ合わせて不必要な脂肪を体外に排泄する役目をするんだ。なのでこの働きから血管壁にこびりついたコレステロールを溶かして血中の悪玉コレステロールを体外に排出したり、血圧を下げたり、血液をサラサラにしたりする作用があって高血圧、脳卒中、動脈硬化、血栓症、狭心症に有効な脂質なんだ。
  • 有効成分を水溶化して運びやすく浸透しやすくするので脳細胞の壁を有効成分が通りやすくするって事でもあるんだ。この作用により脳の活性にも役立つ物質といえるんだね。
  • 膵臓の機能を活性化する働きでインシュリンの分泌を正常にし、糖尿病の予防に役立つ事でも有名だよ。
  • 皮膚細胞の新陳代謝を活発にさせる働きから僕たちの皮膚を若く保ってくれる働きもあるよ。その他の働きは構成成分のコリンの働きを参照してね。
リノレン酸
Linoleic Acid
3.75 mg

  • リノレン酸は植物に含まれる不飽和脂肪酸で、αリノレン酸、γリノレン酸などに分かれてて血中コレステロール濃度を低下させる働きがあるよ。αリノレン酸はオメガ3系、γリノレン酸はオメガ6系の不飽和脂肪酸のことだよ。αリノレン酸には、DHAの活性効果、γリノレン酸はビタミンFとも呼ばれて身体の中でホルモン調整の役割をするよ。必須脂肪酸は、新陳代謝に関わる栄養素で全身機能のコントロールに不可欠なものなんだ。
イノシトール
Inositol
3.75 mg

  • イノシトール(ビタミンB群の複合体)は細胞成長促進に不可欠なビタミンで僕たちの身体の中にも存在するものなんだ。コリンと一緒に働いて、脂肪肝や肝硬変の予防や治療にも使われる栄養素だよ。
  • 必須栄養素ではないけれど、フィチン酸(IP6)とも呼ばれていて玄米や豆類にも含まれてて、健康なコートや皮膚を保つ働きもあるんだ。
  • イノシトールは、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化によって癌細胞の増殖抑制作用もあるんだよ。
ブロメライン
Bromelain
1.35GD Units

  • ブロメラインは、パイナップルの茎から取れる強力な蛋白分解酵素なんだ。よくジェロに「生のフルーツは入れちゃダメ」って書いてあるでしょ?これはブロメラインのタンパク質分解酵素が働いてゼラチンの固まるのを防いでしまうからなんだよ。缶詰のフルーツは高温でこの酵素が働かなくなってるからジェロにオッケーなんだけど、僕たちの身体の中で消化酵素の働きは期待できないものなんだ。
  • ブロメラインは、組織内の血液の流れを妨げる繊維素を減少させて、血行を良くしてくれるプラスミンという物質の産生を促進する作用があるんだ。この働きは筋肉や関節の腫れを緩和して、傷の治りを促進するよ。非ステロイド系消炎剤の代わりとなる痛み止めとしても注目されているんだ。血栓の予防にも効果があるね。
  • 強力な蛋白分解作用で腸内にガスがたまってお腹が張るのを防いでくれるよ。
  • パイナップルにはp-クマリン酸とクロロゲン酸というファイトケミカルが含まれているんだ。これらは一酸化炭素とアミンが胃で結合して発癌性物質のニトロソアミンとなるのを防ぐ効果があるんだって。
  • ラテンアメリカでは、パイナップルは治療促進、健康の果実と言われているんだって。
リパーゼ
Lipases
0.375 FIP Units

  • リパーゼは、僕たちの膵液に含まれる脂肪分解酵素で、すい臓だけではなくって身体のいたるところに存在する消化酵素なんだ。皮下脂肪として溜まった脂肪なんかも分解してやっつけてくれるんだよ。脂肪は膵液に含まれるリパーゼで脂肪酸とグリセリンに分解されて腸で吸収されるんだ。
  • リパーゼの働きが弱くなると、中性脂肪の分解ができなくなって血中や肝臓などにドロドロの血液が流れることになるよ。シニアの健康の要は「サラサラ血液」だから、しっかり働いてもらわなきゃいけない酵素だよね。
  • リパーゼは身体のいたるところにあって、脂肪を分解してくれるけど、アドレナリンや成長ホルモンとのいい関係がリパーゼの活性を高めるとも言われているよ。気持ちよく適度な運動でアドレナリンをいっぱい出しながらゆったり気分でちゃんと睡眠を取って成長ホルモンの活性を高めることが脂肪燃焼のコツなんだね。筋肉犬は血液もサラサラって事だよね。おデブじゃなく、引き締まった筋肉犬を目指そう!
ペプシン
Pepcin
6750 FCC Units

  • ペプシンってね、僕たちの胃の中のタンパク分解酵素で、タンパク質を細かく切って小腸で消化されやすいかたち(ペプチド)にする働きをする消化酵素だよ。
  • お肉を消化するのに必要なタンパク分解酵素なんだ。だけど、ペプシンはストレスがあるとうまく分泌されなかったりするんだ。胃ってストレスが最も反映しやすい臓器なんだよね。食べ物が胃の中にあるときにペプシンが出なかったり、逆に空腹の時にたくさん分泌されたりすると胃潰瘍になったり、いろいろ問題が起こるんだ。そして食物は十二指腸を通って、小腸で消化吸収されるんだけど、ストレスは、この小腸の動きにもブレーキをかけて蠕動をおさえてしまったりするんだ。そうするとお腹がはったりいろんな弊害が出てくるよ。そのためにも食物は胃の中でちゃんと消化しやすい形にしてあげなきゃいけないんだね。
プロテアーゼ
Proteases
40.0 HUT Units

  • プロテアーゼは、ペプシンと同じようにタンパク質を細かく切って小腸で消化されやすいかたち(ペプチドやアミノ酸)にする働きをする消化酵素だよ。
  • 厳密に言うとペプシンもプロテアーゼの一つなんだけど、プロテアーゼは、キモトリプシン、トリプシン、ペプシン、エラスターゼなどの総称なのでここでは分けられているんだ。ペプシンが胃の中で働く酵素なのに対して、キモトリプシン、トリプシンは膵液内で働くの酵素、エラスターゼは皮膚や血管の蛋白質を分解するんだよ。


全内容成分

microcrystalline cellulose・dehydrated chicken liver・
brewers dried yeast・tricalcium phosphate・stearic acid・
magnesium oxide・vegetable stearate・dried kelp (source of iodine)・
coline bitartrate・ascorbic acid・iron proteinate・zinc gluconate・
thiamine mononitrate・niacinamide・d-calcium pantothenate・
betaine hydrochloride・dl-methionine・lecithin・vitamin E supplement・riboflavin・pyridoxine hydrochloride・
p-aminobenzoic acid・linoleic acid・inositol・
lipase (from aspergillus oryzae)・pepesin (pork stomach)・
protease enzymes(from aspergillus oryzae)・
bromelain (pinapple stem)・vitamin A (acetate)・
dried carrot powder・potassium citrate・
vitamin D3 (cholecalciferol)・biotin・vitamin B12 supplement・
cobalt carbonate・copper gluconate・sodium selenite・folic acid

微結晶性セルロース・乾燥チキンレバー・醸造用乾燥酵母・
リン酸三カルシウム・ステアリン酸・酸化マグネシウム・植物性ステアリン酸・
乾燥ケルプ(海藻・ヨウ素として)・コリン・アスコルビン酸・
鉄タンパク化合物・グルコン酸亜鉛・硝酸チアミン・ナイアシンアミド(ビタミンB3)・
パントテン酸(ビタミンB5)・ベタイン(トリメチルグリシン)・メチオニン(含硫アミノ酸)・
レシチン・ビタミンE・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン(ビタミンB6)・
4-アミノ安息香酸(PABA・アミンの一種)・リノレン酸・イノシトール・
リパーゼ(コウジカビから抽出)・ペプシン(豚の胃から抽出)・
プロテアーゼ酵素(コウジカビより抽出)・ブロメラン(パイナップルの茎から抽出)・
ビタミンA(アセテート・酢酸塩)・乾燥ニンジンパウダー・クエン酸カリウム・
ビタミンD3(コレカルシフェノール)・ビオチン・ビタミンB12・コバルト炭酸塩・
グルコン酸銅 ・亜セレン酸ナトリウム・葉酸

*** これらの各栄養成分別含有量と効用は上記の表に記載しています ***


お客様からのご質問

10℃ー30℃、湿度50%以下で保管するようにとなっていますが、
湿度50%以下はボトルの中の事だと思い、一応小さな乾燥剤を入れてあります。
ただ、最近は蒸し暑い日が多く、気温30℃前後、湿度も70%くらい・・・
冷蔵庫に保管した方が良いのかとも思いましたが、冷蔵庫なら10℃以下ですよね、
どの様に保管するのが一番良いのでしょうか?
今年はスーパー残暑なんだそうです。(◎o◎)

もう一つお尋ねしたいのは、ボトルの中にコットンが入っているのですが・・・
よく薬のビンには上にビニールがクチャクチャになって入れてありますが、
いれといた方がいいものなのでしょうか?
コットンが入っているのは初めてなのでお尋ねしましす。

PawPawClubの回答

Paw's Forever Pup!の保管方法ですが
簡単に言えば「冷暗所で保管してください」なのです。
90錠入りですので、小さな子にはすごく長く持つので
保管しているあいだに変質しませんようにのご注意なのです。
開封後は蓋をきっちり締めて保管していただけば大丈夫です。

湿度80%、気温28℃くらいのマイアミで大丈夫なので
安心して普通に保管してくださいね。
なにか変化があるならマイアミのものが真っ先に変質すると思いますので
「いつもマイアミでチェック入ってるから」と安心していてくださいね。

中のコットンは移動中に中の錠剤が破損しないように
入れてあるものですので、開封後はうちでは取ってしまいます。
またどんなことでも気になったらお気軽にお尋ねください


  • この商品は多量摂取によって効果が倍増するものではありません。1日の摂取量を守って正しく使ってくださいね。
  • ナチュラルな安全性を重視した商品ですが、効果などは個体差もありますので、処方薬との併用をお考えの場合はかかりつけのお医者様に御相談の上でご使用ください



PPCの取り扱い商品は全てナチュラル素材のものを選んでおりますが、
私たちでも体調が悪いときなどはなんでもないものに反応してしまう場合がありますよね。
そういった事から、たとえナチュラルなものであってもその子の体調や状態によってお使いくださいね。

これはPPCの商品だけを対象にしているわけではなく、
全てのものに対してそういったことを常に心がけて下さいというPPCからのお願いです。


© Paw Paw Club Inc. All rights reserved.