歯周病予防と白内障阻止に Paw's CoQ10

歯周病予防と白内障阻止に Paw's CoQ10 (100 カプセル)


bone_to_gokansou-red.gif
 

4,400

PCQ10-100
在庫あり
+

"歯周病予防と白内障阻止に Paw's CoQ10 (100 カプセル)" の最低購入数は 1 です.

CoQ10-100.gif

 

CoQ10-coco-012714.jpg

 

どんなメカニズムで働くの?

 

Paw's CoQ10は、身体のあらゆる所に存在する補酵素で、
身体の中でエネルギー産生と抗酸化作用を担っています。
歯茎の健康を守り歯周病を予防するとともに
強力な抗酸化力で眼を保護、強化し、白内障の阻止に役立ちます。
循環障害を改善し、心臓機能の働きをサポートしながら
エネルギーの産出、血管の強化、肥満の予防と改善に関与して、
病気への抵抗力を増し、老化を防ぐ働きがあります。
 
CoQ10は人間では20代をピークとしてその後は減少してゆきます。
年齢が進むにつれて生産量が低下するのに加え、加齢とともに発生する問題に対して
抗酸化作用や免疫活性などの需要量が増えるために不足しがちとなる物質です。

心臓に最も多く存在する物質ですので、
不足すると心臓の働きが悪くなると言われています。
(PPCサプリのカーディオヘルスやスーパーシニアにも含まれています)
 
3歳以上の85%以上の子は歯周病のリスクがあると言われますが
大事な歯を失わないよう歯茎の健康を維持する大切な補酵素です。

 

全内容成分
 
Active Ingredient per Capsule : Coenzyme Q10 10mg
1カプセル中の有効成分: CoQ10 10mg
 
Inactive Ingredients : Cellulose, gelatine, maltodextrin,
silicon deoxide, vegetable leucine.
セルロース・ゼラチン・マルトデキストリン・
シリコン非酸化物・植物性ロイシン
 
* カプセル成分は植物セルロースでカロリーはゼロ、
100%ベジタリアンカプセルです。

 

 

1日の摂取量
 
わんこやにゃんこの体重によって以下の表をご参考になり、正しい量をあげてくださいね。
カプセルをそのまま与えるか、中身を出して毎日のフードに混ぜてあげて下さい。
(CoQ10は脂溶性物質ですので脂肪分を含むお食事と一緒にあげるか
またはオイルサプリメントと一緒にあげると最も効果的です)

最も効果的な与え方は、朝に1日量の半分を、夕方に1日量の半分をあげます。
お食事が1日1回の場合でそのままは食べない子であれば1日1回でも大丈夫です。
 
体重10パウンド(約4.5キロ)ごとに1カプセル(10mg) をあげてください。
 
わんこやにゃんこの体重
1日あたりのあげる量
体重 2.25 kgまで
1/2 カプセル/day
体重 4.5 kgまで
1 カプセル/day
体重 4.5 kg から 6.75 kg まで
1.5 カプセル/day
体重 6.75 kg から 9.0 kg まで
2 カプセル/day
体重 9.0 kg から 11.25 kg まで
2.5 カプセル/day
体重 11.25 kg から 13.5 kg まで
3 カプセル/day
体重 13.5 kg から 15.75kg まで
3.5 カプセル/day
体重 15.75 kg から 18.0kg まで
4 カプセル/day
体重 18.0 kg から 20.25kg まで
4.5 カプセル/day
体重 20.25 kg から 22.5kg まで
5 カプセル/day
体重 22.5 kg から 24.75kg まで
5.5 カプセル/day
体重 24.75 kg から 27.0kg まで
6 カプセル/day
体重 27.0 kg から 31.5kg まで
7 カプセル/day
体重 31.5 kg から 36.0kg まで
8 カプセル/day
体重 36.0 kg から 45.0kg まで
9 カプセル/day
体重 45.0 kg から 54.0kg まで
10 カプセル/day
 
* 100カプセル入りですので、4.5キロまでの子の場合は、1瓶で100日分(3ヶ月以上分)となります。

 

CoQ10は若い年齢の時は身体の中で作られますが、
早い時期に(シニアになる前、パピーからアダルト期に)
心臓病を指摘された場合、CoQ10レベルが低い場合が多くあります。
その場合は、以下の量が推奨されています。
  
若い時期に心臓病を指摘された場合
小型犬・ネコ
50mg/day
中型犬
100mg/day
大型犬
150mg/day

  

 
coco-from-kakomie.gifCoCoっちとママの質問箱

   

ボクはまだ心臓病はないけど飲み始めたのはどうして?
  • CoCoっちゃんはもうすぐ5歳。人間で言うと36歳くらいかな?なので、身体の中のCoQレベルは少しずつ減ってきてるの。心臓病はないけれど、マルチーズという犬種から将来的に心臓疾患のリスクが大きいので、今から予防的にCoQ10を足してあげることで心臓病のリスクを減らしてゆけたらって思っているの。
  • ある研究では、心臓病患者の75%がCOQ10不足症だという事実が発見されて、同時にそのうちの70%の患者さんはCOQ10の補給によって症状は改善したと報告されているんだよ。
  • CoQ-10は心臓を強化するとともに高血圧を下げ、狭心症を減らし、運動耐性を増大させてくれる事から、CoQ-10の不足は心筋症をもたらすとまで言われているものなんだよ。
  • あとはね、3歳以上のわんこは歯周病になるリスクがとっても高いけど、CoQ10は歯茎の健康を維持して歯周病にかかりにくい強い歯茎にしてくれるんだよ。わんこは歯が命だもんね!
他にボクの身体にどういいの?
  • CoQ-10は正常な免疫機能を刺激して、慢性疲労症候群やその他の免疫系障害を助ける働きがあるんだよ。全ての細胞のエネルギー触媒で、それ自体が天然の抗酸化物質なんだよ。
  • CoQ-10はミトコンドリアを刺激してエネルギーを生成するよ。なので、パピーのようなパワフルさを維持して欲しいという願いもあるの。
  • CoQ-10は動脈硬化の元になるLDL(悪玉コレステロール)の酸化を防ぐのに有効なんだよ。LDLの酸化を防ぐ過程でCoQ-10は大量に消費されるので、ビタミンEやβカロチンよりも有効と言われているくらいなの。
  • CoQ10はエネルギーの産生に関わる物質で、カロリーの燃焼にも関わる物質なの。だから補足してあげることでおデブちゃんになりにくくなるんだよ。
他のサプリと併用して大丈夫?
  • Coっちゃんは現在、フォーエバーパップ、リキッドサラダ、グレープシードを使っているけど併用することに全く問題はないよ。
  • シニアちゃんでカーディオヘルスを使っている子は、すでに摂取できているから追加する場合は体重に合わせて追加してあげてね。



CoQ10とカーディオヘルスの使い分け
  • CoQ10はあくまで「加齢とともに不足してゆく体内のCoQ10レベルを維持するもの」です。心雑音や心臓病を指摘されている場合は進行阻止のためにカーディオヘルスとリキッドサラダの併用をお勧めします。

 

 

  • この商品は多量摂取によって効果が倍増するものではありません。1日の摂取量を守って正しく使ってくださいね。
  • ナチュラルな安全性を重視した商品ですが、効果などは個体差もありますので、処方薬との併用をお考えの場合はかかりつけのお医者様に御相談の上でご使用ください。

 

 

 

line-03.gif
gokansou.gif
line-03.gif



PPCの取り扱い商品は全てナチュラル素材のものを選んでおりますが、
私たちでも体調が悪いときなどはなんでもないものに反応してしまう場合がありますよね。
そういった事から、たとえナチュラルなものであってもその子の体調や状態によってお使いくださいね。

これはPPCの商品だけを対象にしているわけではなく、
全てのものに対してそういったことを常に心がけて下さいというPPCからのお願いです。

logo.gif

 

© Paw Paw Club Inc. All rights reserved.

投稿はありません